金沢港クルーズターミナル「おもてなしの庭」

金沢港クルーズターミナル「おもてなしの庭」

開催期間3月26日~
開催時間9:00~21:00 ※開館時間に準ずる
会場ターミナル前広場
入場料

金沢港クルーズターミナル「おもてなしの庭」
石川県造園業協同組合

石川県の海の玄関口である金沢港クルーズターミナルに石川の豊かな伝統文化が育んだ庭園を設け、温かいおもてなしの心でお迎えいたします。
春・夏・秋に来県される皆様に楽しんでいただけるように、各季節に合った庭を展示いたします。

 春は、日本三名園の一つである特別名勝「兼六園」をイメージした作庭になります。
 庭の周りを県特産の戸室石で組んで兼六園周辺の石積を模し、兼六園は広大な敷地の加賀百万石の大名庭園でありますが、その池泉回遊式庭園を7m×4mの中に表現いたしました。
 兼六園の見どころである「徽軫灯籠」から花見橋までの間を、「霞が池」は寒水石(白い砂利)で表現し、「根上松」や「唐崎の松」は黒松を配し、園内の曲水にあるカキツバタを植え作庭いたしました。

【作庭者】
令和2年度「金沢市匠の技職人」
あら樹造園 新木 長一氏(同組合副理事長)